社会人1年目、Webディレクター勉強中。
お料理、デザイン、ちいさいもの好き。
アートシーンをつくるのが夢。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ブログ移動しました。
はじめて独自ドメインを取りました!
なんだか成人式のような気持ちです。笑

ということで、ブログもそちらへお引っ越し。

これからも変わらず、どうぞ宜しくお願いします。

http://maishiotani.com/

- comments(0) trackbacks(0)
まだ何者でもない私だけれども
 
24歳になりました。


10月3日がお誕生日だったのですが、
日付が超える最中もオフィスで仕事にむさぼりついていたので、
Facebookで友人から「おめでとう!」の通知が来るまで忘れてました。
(一番は夏目さんと伶ちゃんからのこの動画!
終電に揺られながらこの動画見て、嬉しすぎて笑い泣きしたわ!)

Twitterでは #塩谷おめでとう 的なハッシュタグをつけて
誰が面白いハッシュタグを言えるか!みたいな大喜利になっちゃって
それはそれは楽しかったです。。

幼稚園からの幼なじみも、会社でのクライアントさんも、会ったことないフォロワーさんも、
大喜利に参加してくださってありがとうございます。w
中でも、「#塩の谷の塩谷」(風の谷のナウシカ?)と「#祝谷」がツボった。
もはや祝われているのかもわからなかったけどありがとうございましたw


///////////

仕事が楽しくなってきた。



そんなハッピーな24歳の幕開けと同時に、
大学を卒業して、会社に入社して、半年になりました。

働きだした頃のブログを読み返すと、
「新天地つらい!Webわかんない!仕事!未知すぎ!!」
みたいな事を漏らしまくっていましたが、
最近はなかなか、仕事が楽しくなってきました。

まだまだ色々足りてないんだけど、
直属の上司はもちろん、
共に制作をしているデザイナーやプログラマーの先輩達に大きく助けられて、
ディレクターとして毎日たくさんお仕事させてもらえるし、
一つひとつの案件にビシバシとやり甲斐を感じます。

先日、半期を振り返っての上司との反省会があったのですが、
日頃のわたしの素行を考えながら、何を怒られるのだろうか…と心の準備をしていたところ、
「君の働きは想像以上でした」と言ってもらえたので
ちょっと(いや、かなり)嬉しかったわけです。


最初、思っていたのと違う部署に配属されて、

「出来ない、わからない、未経験、こわい」

そんな事をどうしても思って、きっとそれが顔や声にも
出てしまっていたかもしれない。

でも、「自分は出来る」そう思ってたら、自然と出来るような空気も出るし、
本当に出来るように意識も上がって行くもの。。

それも、話題になっている、Facebook初の女性COO、シェリル・サンドバーグさんの
TEDでのスピーチ
。「絶対に観た方がいい!!」と勧められて観たのですが、
ほんとうに心に響く言葉ばっかりで、そこから勇気づけられたのです。



「何故女性のリーダーは少ないのか」というテーマで、
2人の子どもを持つ自らの経験を踏まえ語る彼女の姿は、本当にカッコイイ。

シェリルさんが言うには、女性は仕事で結果を出しても
「助けてもらった」「努力した」「ツイてた」と言って、
自らを過小評価してしまう。

それを辞めましょう、自信を持ちましょう。という訴え。
男性の補佐として隅っこにいるのではなくて、しっかりとテーブルについて、
自分の仕事に、成功に誇りを持ちましょう、って。


このスピーチ観て、なんだか知らんが涙が出ました。
うんうん、と思って、しっかり仕事して、しっかり主張したいと思いました。

とは言え、もともと歯に衣着せぬ発言をしてしまう自分なので、
主張はもう充分すぎるくらいなのかも知れないですが。。。w


でも、仕事をしたい系女子って、ほんとーーーにややこしいなって思う、現代社会。
私はベンチャーで働きたいと言いつつも、福利厚生は?産休は?って
そういうサポートがないと、両立が難しいのは目に見えてるし。
これからは全くノープラン。

逆に自分がもし男だったら?
子どもは欲しいだろうし、じゃあ家庭的な奥さんをがんばってゲットして、
自分は仕事仕事!ってなって、、うんうん、絶対そうなると思う。。。
それはもう、理想的である。。

もしも男だったら、女性の立場なんて深く考えなかっただろうし、
私の性格上、とにかく自分のキャリアアップに夢中になっていたんじゃないかな。


だからって、

「男に生まれたかったーーー!
なんで家には姉がふたりもいるのに私も女なんやー!」

だなんて今さら叶わない事を嘆きたくはないし、
むしろ女の子を生きることは物凄く楽しいし。

だから考え方を少し変えて、
女の人にとっての仕事は、発展途上だから、到達している人が少ないから、
やり甲斐があるんじゃないかな?と。

そう思うと、一気にこれからが希望に思える。


誰もやってないことはワクワクするから。
そのワクワクは、昔から生きる元気になってる。



スピーチの最後で、シェリルさんは、

「残念ながら、私の世代では
女性のリーダーが50%になることは、
どの分野においてもないでしょう―…

でも、次世代には期待してます。」

と、語っていて。

だから、
自分や、同じ気持ちを持って働く仲間のこれからを楽しみに、
働き尽くして、60歳くらいになったときに、
「私たち女で良かったねぇ」って言い合えるように、
ワクワクしたいな、って。思いました。


////////////

「人」として仕事したいと思う最近。



先日このブログにも書いたValueDesign.net社長の田中伶ちゃんは、
そんなワクワクをすごく近い熱量で共有できる仲間で、
彼女のブログにも同じようなテンションで(笑)最近の
私との出会いのことを書いてくれてました。
この出会い、とっっても嬉しい。


大学在学時に事業をスタートさせ、
毎朝8時に経営学のブログを更新している、
めちゃくちゃ意識の高い伶ちゃん…
美大畑の私からは、その上昇志向の強いキャリアは
眩しすぎるようにも一瞬見えるんですが、、

彼女は、人として大切なもの、人間を育てるモノや環境のこと
すごくじっくり、身近に、愛情たっぷりに考えてるから

めちゃくちゃ気さくだし、つまりは大好きです。笑
(彼女の気さくっぷりは、この動画から伝わりまくるかと思いますw)


伶ちゃんみたいに、「人」を大切にする仕事、とても素敵だなって。


日々忙しい業務の中で、私も
感情を殺して、お客さんにはニコニコ接して、
メールや資料制作の作業をパカパカ進めて、
カラカラと回る歯車のようにも、
きっとなれるとは思うんです。

でもそうしたくない。
仕事を通して出会った人とも、何かキラキラしたものを共有したいし、
例え一瞬であっても、人と人として、感情を通わせたいなってすごく思う。
「終わったら打ち上げしましょう!」の約束が、どれだけ楽しみなことか。。w


毎日を機械的に処理して、うっすらとつもったホコリは、
自分の目を濁らせていくはずだから、
常にまっさらの状態でありたい。


きっと私は学生の頃の方が、変に大人ぶって、でも実力のなさをごまかして、
目が濁ってたかもしれないけど、、、汗

特にこの1年、とても良い出会いに恵まれて、
随分純化されてきたのでは、、と、、思っているんですけどね。
まだグレーぐらいかしら。。

「忙しい」を理由に、心を捨てたくないなって
心がそう主張してるので、大事にしてあげようと思います。



///////////////

相手の時間を削るってこと


ここまででも、充分ブログが長くなってしまったんだけど、
お誕生日スペシャルバージョンということで、まだ書きます。w

24歳になって、やりたいこと、やるべきこと、なりたい姿、叶えたい夢、
そんな事をノートにぶわーーーっと書いたんです。
それは、あまりにも壮大すぎて恥ずかしいので割愛しますがw

そこで、自らをメディアとして情報発信したいと思ってた私は
最初「ブログの更新」を「やるべきこと」に入れてたんですけど、
よくよく考えて、それって必要かな・・?と思った。

ブログなんて、まぁまぁ自己満足な公開日記だとは思うんですが、
それでも、読んでくれる人が一人でもいる限り、メディアになっているとも思うんです。

ネットの世界はPV至上主義で、
芸能人のブログなんかも、PVを稼ぐために改行して、ページもかえて、
リロードのために沢山時間割いてるのに、
「◯◯食べました〜〜♪」って記事だけだと、すっっっごいがっかりする。
それを読んでる自分にもがっかりしてくる。
でもなんでか読んでる。時間が過ぎる。がっかりしか残らない。


でも、そういう芸能人の更新とかを、何となくみんな真似してないかな?って。
確かにネットの世界でPVは大切だけど、
読んでくれる人の大切な時間を削ってもらった時間、
それに絶えうるだけの情報を提供してるのかな?って
すごく思った。

そんな事を考えてるときに、ふと、私の演劇の先生である
(7歳から14歳ぐらいまで演劇っ子だったのだ・・)
仲川利休先生の言葉を思い出した。。

「舞台っていうのは、真っ暗な会場で椅子に座らせて、
舞台にだけ灯りがついて、観客はそこを見るしかない。
舞台がどれだけお客さんに強制して、
自分達を見せているかわかってるのか?
だから、我々はとことん良い演技をしなければいけない義務がある。
君たちにはその責任がある。」

このお話を聞いたのは、おそらく小学校3、4年生の頃だから
言葉尻はすごく曖昧ですが、でも確かにこんな内容でした。

私が演劇をはじめたのは、地域振興的なミュージカルがきっかけで
そこから少し事務所に入らせてもらって、ミュージカルやテレビの子役を
やらせてもらっていたんだけど、

そこで教えてくださっていた仲川先生は、
ドラマ「必殺仕事人」のプロデューサーを長年務めた方で、
業界では名のある方で、でもテレビ局を退職して、
地域振興のために文化事業をしてくれていたんです。

子どもの頃はそんな事あんまりわかってなくて、
「先生、、怖い・・」とか思ったり、
稽古前のお話が1、2時間あることとかに、
足がしびれて倒れそうになってしまったりしていたのですが(ごめんなさい)

でも最近になっても、ふと、たくさんのお話の中からあれこれ、
自分の中に浮かんでくるんです。



ミュージカルの稽古は本当に大変で、
本番の半年前くらいから2週間に1度くらいの稽古をはじめて、
本番前はほぼ毎日、放課後は夜遅くまで稽古場に通って、
50人くらいでひとつの舞台をつくりあげて。。。
その過程はとてもストイックで、だからこそ凄く楽しかった。


「魅せる事」の厳しさとか、でもそこを乗り越えた楽しさとか、
仲川先生のミュージカルの稽古で染み付いたのかな、と今になって思います。。



それから今、形が変わっても、
「魅せる」という行為はかわらず、
相手の時間を奪うことになる。

だから、一つ一つに愛を込めて、
仕事にしても、ブログにしても、日常会話でも、、、
相手が「充実したな」って思ってくれるような
時間をつくりあげられる大人になろうって

24歳の節目で思いました。

仲川先生、あなたの教え子である、チビだった子役は
10年越しでそのお言葉を噛み締めております。。

何でもない小学生に、全力で接してくださって、
本当に、ありがとうございます。

そして、ミュージカルをやるきっかけをくれた彩おねえちゃん、
通わせてくれた両親にも、ありがとう。。


とはいえ、まだ何者でもない私は、
これからどんどん、何者かになりたいんだ。
がんばるぞ。


///////////////


いやーーーー、長いブログになってしまった。。


ここまで読んでくださった方の時間は、無駄だったのか、充実だったのか、、

どうか後者であることをお祈りしながら、
このへんで終えたいと思います。。

読んでくださって、本当にありがとうございました!!


塩谷 舞









Private comments(1) trackbacks(0)
伶ちゃん
 
じゃんっ。
田中伶ちゃん。
88年生まれの24歳にして、ValueDesign.netという会社の社長である
スーパー伶ちゃんです!

こないだの女子会で初めて会って、
同じ大阪出身ということもあり「!!!!」という運命を感じたので
早速ごはんにお誘いさせていただき・・・

いや〜ほんと楽しかったです。

伶ちゃんは、大学時代に中国語と経営学を学び、
起業した会社では「やる気はあれど、自分には何が向いてるんだろう…?」
と悩む学生や社会人に向けて、
セミナーやカウンセリングを開催しているとのこと。

毎日「使える経営学」を書いたブログを朝8時(!)に必ず更新する超努力家。
そして、めちゃくちゃ良い人!!!かわいい!楽しい!すき!←

人情溢れる伶ちゃんのことがすごくすごく好きになりました。
私の話も沢山聞いてくれてありがとう。

専門とかは違うんだけど、情熱量がきっとすごく似ていて、
お互い同じくらいのテンションで、ごはんを食べる隙間もないくらいに
それはまぁよく喋りました・・・

久々の関西弁がスパークしたな・・・


素敵なお友達と最高の時間が過ごせて、
最高のリフレッシュになる休日でした。


伶ちゃんありがとう!これからもたのしみ♡


明日からの仕事の活力もらいました!
おやすみなさい〜
Private comments(0) trackbacks(0)
どうか忘れないで溢れるその気持ちだけは

先日お誘いしていただいた、恵比寿ゴージャス女子会の模様。
とても楽しかった!


3連休が終わります・・
先週末から、憧れのライターさん、カメラマンさんとお食事に行ったり、
とても豪華な女子会に誘っていただいたりと、
とても充実した出会いに溢れていました。

女子会の模様は、みなさまが即座にレポートをあげてくださってるので
そちらをぜひぜひ・・↓
はあちゅうさんレポ
伶さんレポ
まほさんレポ
(みなさまのブログのメディア力も凄い。。)

起業してたり、独立で動き出そう!という女の子はエネルギーに溢れてて
めちゃくちゃパワーをもらって、とっっても楽しかった!

誘ってくれた、きくちゃん(初めて「ちゃん」呼ばわり・・)
本当にほんとーーにありがとう!


だけど、

だけど、人と会うことで
「何者でもない自分」が辛くて、くるしくて、

今のお仕事はBtoBで、ずっと触れて来たアートやものづくりの世界とは違うくて、
それは本当に勉強の連続で、
社会の仕組みなんてこれっぽっちも知らなかった新人の私は
契約書や領収書の書き方から、プロジェクト管理の方法から、
マーケティングのHow toから、本当に本当に
毎日が勉強になる局面だらけ!


でも、
学生の頃に「SHAKE ART!」として、はたまた塩谷舞として、色々やりすぎたからか、
真横で、フリーランスや起業家として活躍する同年代の女の子を見てるからか、

あれ、自分って何者だったっけ?っていう自問自答が
いつもずっとあって

でも、まだまだ力がある訳じゃないから
(しかも現状、色々出来てなさすぎるから・・)
ぐっとがんばって、ちゃんと力つけて、体力も持久力も足りてないから。。
1年後には、もっともっと今の仕事が出来る自分を想像して
至らない部分をしっかり反省して
そして、キラキラと仕事をできるような、大人にならなくては!


感動を伝えるメディアをつくりたい、
人と人を媒介する存在でありたい、
人間の感性を裸に出来るような場所をつくりたい


って思ってるときに、セカイイチのこの曲聞いて涙が出たよ。



(曲そのものはyoutubeにはあがってなかったけど)

大人になったとき、夢を忘れてなければ、なりたいモノなれるよ、って歌。

「どうか忘れないで溢れるその気持ちだけは」って、ぐっとくるなぁ!涙

今はまだ程遠いけど、その日を忘れないように
ここに刻んでおこうかな、って。。。。
がんばろう、明日から〜〜〜!


- comments(0) trackbacks(0)
庭ガールがやってきた
週末にはブログを書こう、と思いつつも
週末が終わっちゃうから

なにかつかんで書き留めたくてひらきます・・。


先週はとにかくとにかく忙しくて(まだ忙しい)
先々週も忙しかったんだけど
そしてきっと今週も忙しいんだけど

望んだことでもあるし、
力がつくのは嬉しいことだし、

ちょっと泣きそうになりながらも、
やるしかない!!



最近CINRAに入った、エディターゆめさん。
大手代理店から、CINRAにやってきたゆめさん。

文学と演劇が好きな、自称「庭ガール」(森ガール?と聞かれて、ちがう、と言っていた)…。

ゆめさんの発する言葉はすてきです
そしてとても聡明な方です
素敵な人が会社に増えて、とてもパワーをもらいます

でも、なかなか喋る間もなく、しごと、しごと!





何かを表現したくて
自分を生きたくて
なんだかとても苦しくなったりするけど
とにかくはやく、はやく成長できますよう

そんな私、何ガールだろう、と思ったら、
崖・・だな・・

あとひといき、仕事おわらせて、
なんとか月曜日の朝をすっきり迎えたいものです!

がんばろ!

CINRA comments(0) trackbacks(0)
なつやすみ、シンガポール。

シンガポールに行って来ました!
会社に始めてから初めての社員研修。
去年は上海に行ったそうで、毎年「勢いのあるとこみとこ!」的な
感じの海外視察?
詳しいことは、会社のメルマガに書いたのでそちらもぜひ。。。汗

メルマガに書いてる通り、本当に学生の頃から一番行きたくて
なかなか暇もお金もなくて行けなかっただけあって、
今回社員研修で行くことが出来て
「CINRAに入って・・・良かった・・・・・!」と今一度喜びを噛み締めていた次第です。。

マレーシアでのトランジットがなかなか長かったんだけど、

最初は元気でも


寝ちゃいますよね。


そして、シンガポールの中心部はこんな感じ!







中心地にある美術館。美大との連携も活発。


駅中の工事現場もかわいい。


タクシーだって、こんな素敵なアイデアの広告でラッピング。

少し歩けば、「リトルインディア」や「チャイナタウン」のような
他の民族が集合している地域に行けるので、何カ国分も楽しめる!

初日は、リトルインディア散策。









ミニチュアみたいな街がたのしい。


夕食は、チャイナタウンの中華料理屋さん。

ここの料理、めちゃくちゃ美味しかったです!
しかも14人でたっくさん食べて飲んで、合計3万円(日本円)くらい?安い!


ブレてるけど、中国人の方に撮っていただいた集合写真。



夜のマリーナベイサンズ。ここのふもとで、カジノにも初挑戦しました(2500円まけた)。





マリーナベイサンズの屋上バーから見える夜景。


こんな感じに素敵な夜を過ごそうと思ったのに、
私が注文したらなぜかポットで紅茶でてきたwww

2日目は、班に別れて自由行動。
アートディレクターの井手さん率いるB班は、セントーサ島にいきました。

ユニバーサルスタジオシンガポールが入ってて、リゾート地になってる島!


マーライオンね!これは、小さい方らしい・・。


そして、セントーサ島の奥地まで歩いて歩いて・・・
怪しい契約書に名前を書いたのちに、

そこで、こんな可哀想なかんじにベルトをつけられ
(スカートで行った後悔・・そして何のフォローもなかった・・・)





ここからターザン!したのでした。びびった〜。

MegaZipってやつ、1回1900円くらいでちょい高だけど、
ジャングルから南の海まで空中飛行出来るのはたまらなく気持ちいいです!
わたし、絶叫系は本当にほんとに無理で、飛ぶギリギリまで帰りたくなってたのだけど
これは「フワッ」ってのがないからそんなに怖くなかったよー!
超オススメです。
ちなみに2回目以降は、半額とかでできるらしい。




そして、みんなで「行きたい!」と言っていた謎のB級スポット「タイガーバーム」。
お金持ちが「地獄はこんな感じだから悪いことすんなよ」ってのを教えるために
創ったそうな・・・ほんとに、wこわかったwなんかやばい空気でてたw


最初から立ててないよ〜


ミッキーとミニー的な存在、多分。


地獄ですよ〜



地獄の入り口ですよ〜


こんなんばっかりだよ〜


成人してから来てよかったな〜子ども時代に来たらトラウマだろうな〜


地獄というか、母乳をすう老婆・・?謎すぎる…


SUMOUだよ〜もはや地獄でもないよ〜



その次は、また中心地へ。ラサール芸術学校、シンガポールの芸大です。



大学とは思えない、前衛的な校舎!


中にあるギャラリーも広大です。


海外の美大生と友達になりたい!との思いで
校庭で絵を書く美大生にナンパしてみました。デザイン専攻とのこと。
いきなり喋りかけてびっくりされたけど(汗)
きれいな大学でいいね、っていったら「教室は狭いよ」って。

それから、こちらも都心部にある「アラブストリート」へ。
そこで奇跡が!

「シンガポールの国中どこにいってもいい」ルールでバラバラだったはずの3班が
ここのモスクの前で偶然にも巡り会ったwなんというw
日本人観光客の女の子に撮ってもらったら、アラブの方が
「わたしが撮るよ!あなたも入って!仲間でしょ!」
みたいな感じに言ってくれてたじたじだった1枚です。


ここで人生初のココナッツジュースをのみました。


どこにでもあるセブンイレブン。





アラブストリートは、「シンガポールの代官山」的な立場でとてもおしゃれです。
オープンテラスでビール頼もうとしたら、
「ラマダン中だから、バレないようにこの青いグラスに入れて飲んで!」って言われたけど。すみません。。


そしてその夜は、タクシーで40分ほど北にあるナイトサファリへ。
実際のジャングルの中に、柵もない状態の動物がみれるんです!
楽しかった!でも、肉食動物はさすがに崖の上にいました。おりてこれないのかな?

1回目は車でまわったんだけど、2回目徒歩で行ってみたら、果てなく広くて、
とにかく歩きに歩いて、ホテルに帰るときには全身が死亡しちゃって
「海外のクラブで遊ぶ」ってのが叶わず、
ひとつ次への課題を残したわけでした。。。

まーーそんな感じで2日間とは思えぬ盛りだくさんっぷり。
楽しいCINRAの仲間と一緒に、ほんとうに素敵な2日間でした!

1人ではきっとこんなスケジュール立てれなかったし、
こんな素敵な旅行にしてくださった社長や丸田さん、リーダー井手さん、
みなさまに感謝の嵐。。。


そして、本当に色々焦りました。
海外旅行でヨーロッパに行っても、「すごく遠い国のこと」として
なんだかリアリティがそんなに持てなかったけれど
こんなすぐ近くの国で、日本よりもスピード速く
いろんな物事が動いてること、そこに大勢の中国人や韓国人が働いてること、
勢いを感じたからこそ、日本ってまったりしてるんだなぁとすごく思った。

でも美術館は、正直、ハコがすごくても肝心の作品がボリュームがなくて
まだ40年の国だから、いろいろないものはないし、
でもだからこそ整っている部分はすごい。
「ビジネスするにはもってこい」な環境が、すごくよくわかった・・

東京スピードにもまだまだついていけてはないけど、
とにかく言語を習得して、いつでも対応出来るような人になろう〜!と
最近は英会話に目覚めております。。。

クライアントさんにも、「シンガポールの大学生のiPhoneアプリはほとんどが
語学関係だよ」って聞いて、自分のゆるふわ〜なアプリの羅列が情けない…

「良いなー」って面ばっかりじゃないけど、ほんとに刺激を受けたし
とってもとても住みやすい街だなぁって思いました。

個人的にとても楽だったのは、とにかく多国籍、他民族だから
自分がどんな格好してようが、どんな肌で髪色であろうが
全然他人の目が気にならなくて。
原宿なんか歩いてると、なんか「これぞ!」って型にハマってない自分で
すごいソワソワしてしまうんだけど、その緊張感がなくて。
同化のベクトルにを知らず知らずに意識して、知らないうちにそこにすごーーーく
疲れてるんだなぁってのも思いました。

とにかく、シンガポール、良い国でした!
また行こう。近々行こう!

働くぞ〜〜〜〜
- comments(0) trackbacks(0)
なつやすみ、帰省。
 

8月も末になって、鈴虫の声がうれしいです。
暑い!暑い!ってのも、あとちょっとだなー。


社会人になって初めての夏休みは、
前半は大阪の実家へ帰り、後半は社員研修でシンガポールへ。
忘れないように、個人的に色々メモっておく感じでブログ。
まずは前半。

お盆の道路も大渋滞の中でしたが、「海に行きたい・・・・海に・・(ぼろぼろぼろ・・)」
という主張を通して海に連れていっていただきました。



福井の若狭湾、ダイヤ浜まで!
結構遠かったけれど、その甲斐あって人も多くないし、水は青くて奇麗だし
岩にこびりついているウニとか、取りたかったよ〜〜
あと浜辺で食べるカレーは何故あんなに美味しいのかと、
なんで自分には海の家でバイトをするギャルのような屈託な明るさが
身に付かなかったのかと、
日頃室内でじんわりしているばっかりだから、色々まぶしくって
良い光合成でしたわ・・。

その後、魚介の豊富な居酒屋さんを探して、
おいしーーー日本酒と海の幸をいただいて、爆睡してました。




絶対おいしいやつ。

それから、おばあちゃん家にもいってきて、
「お盆のごはん」をいただいてきました。




これね、仏さんにお供えするやつ、これをお供えした後に頂戴するのが
子どもの頃から大好きでした!
おばーちゃん家でも、おいしーご飯をたべて、ビールを飲んで昼寝をし、
この世の天国はここかというような幸せなひとときを過ごさせていただきました。
おばあちゃん、ありがとうございます(きっとこのブログも見てく
れているはず!)




実家では、庭にボーボーとハーブやらローズマリーやら生えていて、
東京一人暮らしの私にはほんとにそれが宝の山に見えて、
大好物「ローズマリーと鶏肉の焼いたの」やってもらいました。
ひとりでもよく作ってみるんだけど、調味料のローズマリーじゃ
全然風味が出ないから!

それで大量に、庭に生えてるやつを切ってもらったんだけど、
東京に戻ってからシンガポール、その後は怒濤の仕事量でお料理どころじゃなかったので、
悲しいかなたくさん枯れてしまった・・・涙
でも、炒め物には入れたりして、いるんだよ、、(お母さん、、たぶん見てないと思うけど)

生き残りをビン詰め。

ちょこっと。



そんな感じで、社会人はじめての夏休み前半は
食ったり寝たりして過ごした訳でした。

なんと悠々自適な生活!



最近ほんとに思うのは、
1人で暮らして、いくらでも遊びに行ける自由はあるんだけど
料理とか、音楽聞いたり、静かな時間が一番好きで
両親とか、おばあちゃんの遺伝子が組み込まれているんだろなぁとつくづく思ったよ。


小さい頃から、家族で何か見に行くっていっても、
遊園地とかは滅多にいかなくて(好きじゃないから記憶から消えてるだけかも)、
バレエとか、絵本の会とか、クラシックコンサートとかが多かった気がして
ふいにそんな空間に1人で行ったりするとすごく懐かしくなって
自分ひとりの暮らしでも、その方向に少しでも近づけようとしている…気がする。

仕事で接する世界の振れ幅が大きいからか、
自分の軸というか(それはとても地味なもの)が、
次第に見えて来たのかなぁ〜みたいな23歳。


仕事がほんとに忙しくて、頭もフル回転で、もーそりゃ新人は半泣きになりながらでも
歯を食いしばってやるしかないんだけれども、
業務に忙殺されて「顔から殺気が出てる」ような状態に
ならないよう・・・(近頃、よくなってるって言われる)
「すき〜〜〜」って浸れる時間を、どうやって増やせるかなぁって
「心の栄養」だなんて言葉はあんまり使いたくないけど
ほんとにすきなものたくさん投入してあげて、
また月曜日から闘い抜こうと思うのです・・・穏やかに。


ああ、あと、実家に帰る新幹線に乗る直前に、
自分のiPhoneがないことに気づいて、
半泣きで公衆電話からお父さんに電話して、
お母さんに持って来てもらう(かつ新幹線の時間を変更してもらう)だなんて
失態も、これからは減らしていきたいと思ってます!

社会人だから!


ブログは夏休み後半につづきます。
悠々自適バージョンから、
刺激をたくさん受けたバージョンへ。。
Private comments(0) trackbacks(0)
平均点を生きてる
 ハローハロー(  ˙ᴗ˙ )♡

もう8月になってしまった!
東京に来てから、もうすぐ半年になります。はやいねぇ。
最初はお茶汲みと洗い物しか出来なかったけど、
少しずつ仕事らしい?ことも出来るように・・・?(なってる?)
とりあえず、自分の「出来ないこと」がわかるようにはなってきました。。汗


これは先週末の、会社の新メンバー歓迎会の様子。
いや〜〜、たのしかった!

私が入社してからも、新しいスタッフがどんどん増えるCINRA。
すごい。成長真っ最中です、
しかも、この半年で女性が5人も増えたんですよ!嬉しいことです。

仕事するぞー!っていっても、やっぱり男性と女性とでは
大きく特性が違うのは当たり前で、
そんな中でもやっぱり男性社会なので、
いろいろ言いだしにくいなぁ、、とか、
同じ悩みで共有したら楽になるかなぁってことも多いです。

そういう意味でも、職場に女性が増えて、精神面での心強さがすごい!

しかもしかも、経理や事務で入ったお姉さんは、
もと美容師さんであり、前職はオーガニック系化粧品会社の販売員さん。
肌の悩みが尽きない最近、頼りになりまくるお姉様が出来てうれしいですw

最近は東京にも馴染んできて、休日ごとに友人と遊んだり、
ゆっくり家で過ごしたり、moco'sキッチンを真似してみたりと、
やっとこさ落ち着いた感じです。

そんな中でも印象に残った出会いと、そこでの話。



カヤックにWebディレクターとして勤務している、こんどうてつろうさんとご飯。

彼が運営されている「昼食会」というブログは、
色んな分野で闘っている若者、160人程が紹介されてます。
お友達の上野なつみちゃんや夏目さんが出てたりして、
そこから辿って他の人のところも追っていって、

「うわ〜〜同世代、こんな人がいるのか〜〜〜
世間、ひろい!みんな、すごい!!自分、しょぼい!!!」

だなんて、よくよく思ってたんです。w

そんなこんどうさんからメッセージが来て、昼食会をご一緒させていただきました。
代官山のすてきなカフェ。内装がおしゃれだったなぁ。

昼の12時スタートだから、終電の時間も気にせずに、
ず〜っと色々喋っていました。

その中で興味深かったのが、、

「僕は毎日の自分に点数を付けてたことがあって、
上手くいった日は90点台だし、駄目な日は10点台とか。
でも不思議なことに、それを毎月平均してみると、49点とか、
大体50点前後になるんですよ。」

この話。すごいなぁぁぁ・・・・って思った。
良い日もあれば、悪い日もある。
でも実はなぜか平均すると50点。不思議!

それがわかれば、悪い日はそんなにめげることないし、イライラも減る。
良い日は十分に喜べる。
良い日が続いたときに浮かれるんじゃなくって、
悪い日がまた来るってわかってれば
1日がありがたく思える。

勉強した時間とか、走った距離とか、食べたカロリーとか、
そうやって何かを数値化して計ることはよくあるけど、
自分の気分とか、気持ちとか、そういう漠然としたものに点数をつけるのって、
自分の心と会話ができて、とても有意義な時間だなぁ、と。
こんどうさんと会った日は、素敵な話を聞けて、自分の中でも90点台でした。
嬉しい出会いでした。ありがとうございます。

そんなこんどうさんは、その学びを元に
色んなものづくりをしている。
リリースはまだみたいだけど、これからが楽しみなプロジェクトのお話を聞いて、
すっごいワクワクしちゃって、テンションが上がりっぱなしでした。

昼食会ブログに、しばらーーく後に登場するかと思うので、
またこんどうさん目線での自分もどう写ってるのか、たのしみです!




それから今、高校時代の友人がっちゃん(本名は長谷川みゆ)が
我が家にホームスティしております。
がっちゃんは、高校時代吹奏楽部でパートが一緒で、
同学年がふたりっきりだったこともあり、
休みという休みはずーーーっと一緒でした。ずっとストイックな練習相手だったね。
何かと目立つぞ!(汗)気質な私とは対照的に、
楽器の運搬とか、ステージの設営とか、効果音を出したりとか、
裏方にばっかりまわってた、がっちゃん。
本人も、歌もピアノもドラムも、ちょーーー上手いのに。

4年間女子大に行ってたけど、やっぱり大好きな仕事に就きたくて、
音響の専門学校に行って、しばらく東京で色んな音楽イベントの
音響スタッフ見習いとして毎日忙しくしてるみたい。

肉体労働してても弱音も一言も言わないし、
受験生か!ってくらい単語帳にスピーカーの種類(私には全然わからなかった)
を書いて勉強してて、すごい頑張ってて。でも大学に行ってた頃よりも全然楽しそうで。

しばらくの間、がんばる同居人が出来てうれしいです。
自分も見習って勉強頑張ろう!と思えます。

とりあえず来月末のWeb検定に向けて、参考書と赤シート、緑のペンだけは揃えました。
あと、グローバルに活躍するクライアントさんとお話してて、英会話やらな!!やば!!
と思い、Skype英会話のレアジョブの登録だけはしてみましたw
今晩初レッスン!

いやーー、形から入るタイプだよね。
実際、なんとかがんばりたい!
なまけちゃうから、ここに書いとこう。勉強します。合格します。
英語、しゃべります。


ではでは、今日は家事と勉強デー。
がっちゃんの帰りを待ちつつ、参考書を血染めにしていきます〜。


Private comments(0) trackbacks(0)
東京に来て3ヶ月。
 ちょーーーーーお久しぶりの更新。

Facebookでそれなりに文章欲を満たしちゃうのと、
時間がびっくりする位勢い良く過ぎていって、
東京に来てからもうすぐで3ヶ月!!経ってからの初ブログです。

書きたいことが多すぎて、何から手を付ければいいのかわかんないけど。。


4月に入社した会社、CINRAでの仕事は、すごく充実している。。
でも、私が当初やりたかった媒体の編集者ではなくって、
「伸びしろを伸ばそう!」ってことでWeb制作のディレクションを
勉強させていただいてるので、ほんとーーにわからないことだらけ。
子どもの頃からネットは好きだったけど、ただの1ユーザーだったので、
「え、こここんな仕組みで動いてたんか・・・」とか、
謎が解けて行くような毎日です。

毎日とにかく忙しいのですが、会社のパワーがすごい。
3年前と今じゃ社員数も倍ぐらいになっているそうで、
オフィスも引っ越して、倍くらいの大きなところになって。
成長産業であるインターネットという土壌に、本気でやってる人達が重なれば
こうやって成長していくんだな、っていう現場を
ミシミシ感じているような日々。

今はついていくだけでも必死で、言葉もわからないし、
ホームタウンの関西とは勝手も空気も違うし、
大好きなパソコンでも思う様に操れないし、
うーうーうー(涙涙涙)ってなりながらも、
こんなスピードで仕事が出来るようになったら、
それってすごいやん。俄然がんばろ。って思ってます。

何より、「何も出来ないのになんか目立ってる」(と言われた)人から
「何か出来る人」になれるというのは、本当にうれしいです。
ハッタリきかせまくってきた学生時代・・・を遠い目でみながら、
着実に一歩一歩、でも駆け足で、進んでいけるような感覚。

そして、「ものづくり」をすることは、
昔からやっぱり憧れだったので、
デザインやWebを通して社会と繋がれる。
そんな仲介人になれることは本望だし、
はやく一人前になりたい。そんな一心です。
今の職場で、今の仕事に就かせてもらって、本当にありがたい・・・。
身に余る幸せだなぁ、と思いつつ、
いつまでもペーペーではいられないから、進むしかない。。


ただ、今までみたいに
「あれやりたいな!」「こうしたいな!」ってアイデアは、
当然すぐに叶えられるわけじゃないけど、
でも思う事はたっくさん。毎日いろんな知識が入る分、アイデアも出て来る。
夢みたいな大きなことでも、些細なことでも、忘れないように、
日々の忙しさで昔描いた目標がなくならないように。
10年後自分がどこでどうしてたいのか、しっかりと
ノートに刻んでいますw


今までは、社会人になること、自分でなにかなし得ること、
すごくぼんやりとしか解らなかったけど、
自分の目標への明確な「距離」がわかってきたから
真面目にコツコツ頑張れば、それが力になればいいな。


////


そして、アートの見方もごろっと変わりました。180度かわった、って言ってもいいくらい。
今まで私はアートの「中」にいたからなかなか見えなかったけど、
いかにアートが自由で、先進的で、それが社会的に尊いものか。

毎朝9時半頃、会社への通勤中に渋谷で見上げる「明日の神話」は、好き嫌いの感情以上に、
太陽を見るくらいのエネルギーをくれてる。
常識を覆して、次へのメッセージを掲げてくれるChim↑Pomの作品も、
サラリーマンな私には到底出来ないけれど、でも社会に関わる一員として、
見ているだけでもとても爽快。

色んな決まりがあって、常識があって、その中で生きるようになるからこそ、
アートっていうのは特別で、強くて、魅力的だな・・・って、毎日どんどん思います。
そのパワーは、すぐには何かに直結しなくても、心の栄養になって、
私自身の仕事にもつながってくれる。

私は組織の中でものづくりをするのが性に合うけれども、
組織を逸脱してものづくりを出来る個人は、ほんとうに羨ましくて、かっこよくて、
だから見たくなるし触れたくなる。


だから私もいつかはそのフィールドで、
心がスカッとするような、思考が覆されるような、
そんなおばけみたいなモノを、発信したいなぁって。
そんな人生送れたら、悔いがないだろうなぁって思います。


昨日聞いた話で、80代の人達に
「人生で後悔したことは?」
って質問したら、ほとんどの人が


「挑戦しなかったこと」


って答えたんだって。



それを聞いたら、すごく視野が広がって、何でもやればいいんや!って思える。


東京に来て3ヶ月、ということは、家を出て3ヶ月。
会社でどう過ごすのか、何時に帰るのか、誰と会うのか、
どこでどう過ごすのか、全部自分で選べるんだなって思うと、
その毎日のたっくさんの「選択」がつみかさなって「人生」に繋がって。

どんな仕事を選ぶかも自由。
どこの国に住むかも自由。
真面目な恋愛も、駄目な恋愛するのも自由。
挑戦するだけなら、なんでも挑戦できる。

だから、自分の人生って、本当に自由で、
明日は自分の意志で変えられるんだなーって、
歯がゆい歌詞みたいなことを、
まぁ仕事は半人前なんですけど、
ひとりになると思うのです。


////






昨日は、我が家に上野なつみちゃん @natsumiueno が遊びにきてくれました。
東京に来てから何度も遊んでるw
多摩美の芸術学に通いながら、美大生総合展覧会THE SIXや
美大生のフリーマガジンPARTNERの創業期に駆け回ってたなっちゃん。
その後まさかの商社ガールとなり、国際的に働いています。
なっちゃんと具体的に一緒にプロジェクトしたことはないけど、
彼女は、学生時代から私の憧れで、目標で、苦楽を共有できて、
ほんと良い友人に恵まれたなーーーーーって思います。
出会わせてくださった北村さんには心底感謝です。。。


沢山パワーもらって、また明日からの仕事もがんばろーーと、
まぁ結果前向き、ポジティブです。

そんな気持ちに身体が伴わず、
先週はちょっと体調崩し気味でしたが、
そこも登竜門みたいな感じなのかな。。
身体の声も聞きながら、長距離走が走れるように。
いっぱい肉たべて、働いて、挑戦して、
充実したな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
って死ねたら、それがベストやなって思います!
- comments(0) trackbacks(0)
カメラを買ったので
主に写真をupしてみたいだけですw

Nikon1を買いました。キムタクです。(宣伝してるのが)
綾瀬はるか(Lumix)と迷ったけど、ズーム機能も最初からついてるこっちにしてよかった〜!

毎日が楽しくなるな〜




先日は、まちこさんがお家に遊びに来てくれました。
23歳のバースデーをお祝い!





まちこ、ピアノ上手!久々にいっぱい弾いてもらって、うちのピアノも嬉しかろう・・




感動の嵐だった、DMO ARTSでの中村muchoよしてるさんの個展。

こちらはジークレープリント。我が家にも1枚購入しました!(お父さんが!)




ムーチョさんのお人柄はほんとに凄い・・
毎日人が絶えない、笑いの絶えない3週間でした。
ムーチョさん、ありがとうございます!そしてご結婚、おめでとうございます!



三重の「なばなの里」に行って来ました。
関西も残り僅か、ということで日々、思い出つくり祭りです。
ドライブもたのしかった〜







きれいなお花や〜








ピーターラビットちゃん。だから英国風だったのね。
なんか謎な音楽流れたりしてたけど、みんなすごく楽しんでる素敵な空間、
ハッピーになりました。遠い所連れてってもらえてハッピーです。



東京引っ越しまであと9日になりました。
ひえ〜、さみしい!
毎日の思い出たくさん貯めて、貯めて、まぁ2年ぐらいはどんな乾いても大丈夫なぐらい
ヒタヒタにしておこう・・

明日も明後日も伊勢丹勤務。
そちらも残り僅か、がんばります!
- comments(1) trackbacks(0)
| 1/2 | >>